お知らせ一覧

鳥取県弁護士会のロゴマークができました

このたび、梨の花をモチーフとした鳥取県弁護士会のロゴマーク(シンボルマーク)が完成しましたので、お知らせします。

鳥取県弁護士会では、平成27年度、市民の皆様に、より身近に鳥取県弁護士会を認識してもらう一助として、
ロゴマークとマスコットキャラクターの作成を企画しました。

梨の花は、鳥取県の県花です。
本来白い花ですが、シンボル化にあたり、明るいグリーンでまとめました。
小さな花を8枚円形に並べたデザインで、繋がり、絆、協力関係をイメージしています。

鳥取県弁護士会は小さな会ですが、それゆえにまとまりがあり、一丸となって、人権活動や会務に取り組んでいます。
私たち鳥取県弁護士会に所属する弁護士は、市民の皆様にとって、身近で信頼される存在でありたいと考えており、
法的トラブルが生じ、または生じそうになったときには、相談相手として弁護士を思い浮かべて頂きたいと願っています。
このロゴマークは、そんな鳥取県弁護士会のイメージにぴったりだと自負しております。

このロゴマークが市民の皆様に認知され、鳥取県弁護士会及び所属弁護士の、誠実、信頼、安心なイメージをアピールできるよう、これから育てて参ります。
4月以降、HPや印刷物でも使用していきたいと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。

なお、近日中にキャラクターも発表いたしますので、ご期待下さい。

平成27年度会長 足立珠希

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。