お知らせ一覧

秘密保護法の廃止を求める署名活動のご協力のお願い

昨年12月、私たちが強く反対していた秘密保護法が成立し、公布されました。
この秘密保護法は、国が何を秘密にできるかについて必ずしも明確にしていません。
また、秘密にしたことが正しかったかをチェックするための、真に独立した第三者機関もありません。
しかも、秘密指定の最長期間がない情報もあるため、都合の悪い情報を永遠に秘密にすることもできます。
そのため、主権者である私たちが知るべき事実が、知らない間に隠されてしまうかもしれません。今、新聞・雑誌やインターネットから当然に知ることができる情報が、明日から手に入らなくなるかもしれないのです。

 

秘密保護法を廃止することはもちろん簡単なことではありません。
でも、私たちの未来のため、将来の子ども達のためには、アクションを起こすしかありません。
ぜひ秘密保護法の廃止を求める署名活動にご協力ください。

 

【署名募集期間】
平成26年3月31日まで

 

【提出先】
ご署名いただいた用紙は、鳥取県弁護士会または鳥取県弁護士会米子支部まで郵送またはご持参ください。

【こちらから署名用紙をダウンロードしてください(PDF)】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。